So-net無料ブログ作成

リットン・ストレイチー

晩年の肖像画リットン・ストレイチー (Lytton Strachey、1880年3月1日?1932年1月21日)は、イギリスの伝記作家で、批評家。ヴァージニア・ウルフやE・M・フォースター、J・M・ケインズ等と共にブルームズベリー・グループの主要メンバーで、同性愛者であった。同性愛をタブー視するなど偽善性が強かったヴィクトリア朝の文学・思想・道徳を批判し、偶像破壊的な伝記叙述のスタイルを確立した。ナイチンゲール伝やヴィクトリア女王伝が著名で、フロイトの英訳をしたジェームズ・ストレイチーは実弟である。『フロイト全著作解説』が人文書院で刊行されている。日本語訳書『フランス文学道しるべ』 片山正樹訳 筑摩叢書 1979年、復刊1985年『ヴィクトリア女王』 小川和夫訳 冨山房百科文庫 1981年  初版角川文庫 1953年、筑摩書房「世界ノンフィクション全集」で再刊。『エリザベスとエセックス 王冠と恋』 福田逸訳、中央公論社 1983年、中公文庫 1987年、新版1999年。『ナイティンゲール伝、他一篇』 橋口稔訳、岩波文庫 1993年。 ※もう一編は、マシュー・アーノルドの父トーマス・アーノルド(Thomas Arnold)博士伝、<ヴィクトリア朝―>の抄訳版。『てのひらの肖像画』 中野康司訳 みすず書房 1999年、列伝集『ヴィクトリア朝偉人伝』 中野康司訳 みすず書房 2008年初の完訳、他2篇はチャールズ・ゴードン将軍、マニング枢機卿。※以下は大半が戦前に訳された、古書では「片岡訳」以外は入手困難。岩崎民平 訳 『ナィティンゲール評伝』 実業之日本社 1939年平田禿木訳 『ゴルドン将軍の死』 アルス 1940年亀井常蔵訳補 『フロレンス・ナイチンゲール』青木書店 1940年片岡鉄兵訳 『エリザベスとエセックス』 富士出版社、1941年凡書房、1958年、他に平凡社・角川書店の「伝記シリーズ」で再刊。坂下昇訳 『ヴィクトリア女王』 三邦出版社 1941年堀大司訳 『ゴードン将軍の最期』 白水社、1941年、詳細な訳注。 山上正太郎訳 『小さき肖像畫 傳記文學集』 地平社、初版1943年日高直矢訳 『ヴィクトリア朝時代の秀れた人々』 福村書店、1950年※ゴードン将軍、ナイチンゲールのみ邦訳。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%8

<お別れの会>武藤信一さん=25日、ホテルニューオータニ(毎日新聞)
世界遺産 政府が平泉と小笠原諸島の推薦を決定(毎日新聞)
動く古代天井 CGの海の生物が動く…福井県立恐竜博物館(毎日新聞)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
<原口総務相>メディア報道の「関係者」表現で見解(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。