So-net無料ブログ作成
検索選択

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)

 JR三鷹駅の開業80周年を記念して、JR東日本八王子支社と市は協力して同駅の発車メロディーを制作した。

 戦後に三鷹市上連雀に移り住んだ作曲家、中田喜直(1923〜2000)の童謡「めだかの学校」のメロディーを選んだ。駅には1〜6番線まであるが、各ホームでそれぞれ違う部分のメロディーを使い、通して聴くと一曲になるようにするという。

 三鷹駅は昭和5年6月25日に開業。今月26日に清原慶子市長を一日駅長に迎えて記念式典を行う。清原市長の発車合図で新発車メロディーの使用を始める。

 中田喜直は「ちいさな秋みつけた」「夏の思い出」「雪のふるまちを」など今も歌い継がれる名曲を残した。今年は没後10年に当たり、10月3日に同市芸術文化センターで記念コンサートが開かれる予定。

皇居の「自然観察会」申し込み要領発表(産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)
<菅首相会見>その5「勝敗ライン、6年前の参院選がベース」(毎日新聞)
コケに落つ盛者必衰の白き花 東林院、沙羅双樹を愛でる会(産経新聞)
2新党、山梨で自民候補支援=平沼氏ら「反民主」で連携(時事通信)

FM最長寿番組「ジェットストリーム」 JALが「1社単独提供」断念(J-CASTニュース)

  会社更生手続き中の日本航空(JAL)が40年以上単独スポンサーを続けてきた有名ラジオ番組「ジェットストリーム」が、2010年6月から「スポンサー2社体制」に移行していたことが明らかになった。同社は広告経費を含むコストの削減が最重要課題だとされており、歴史ある「1社単独提供枠」の返上を迫られた。

 JALでは、広報関連の支出が次々に削減されている。サッカーJリーグ「清水エスパルス」とのスポンサー契約は10年1月末で終了し、10年3月には、映画化までされた女子バスケットボールチーム「JALラビッツ」の廃部が発表されている。

■43年近くにわたって1社単独提供

 この流れは、有名音楽番組「ジェットストリーム」(JET STREAM)、でも例外ではなかった。同番組は、月曜日〜金曜日の深夜にTOKYO FM系列(JFN)で放送されており、放送開始はTOKYO FM(1970年開局)の前身にあたる実用化実験放送局「FM東海」時代の1967年にさかのぼる。TOKYO FM編成部によると、「FM番組では『最長寿』」だそうだ。旅と音楽をテーマにした内容で、故・城達也さんのナレーションで親しまれた。現在のパーソナリティーは5代目の大沢たかおさんだ。

 JALは番組スタート当初から43年近くにわたって1社単独提供を続けていたが、6月1日(5月31日深夜)放送分から、「1社で番組を続けるのが困難」(JAL広報部)として、これを断念。「パートナー会社でもあるイオンに声をかけ、賛同を得られた」(同)として、イオンとの2社体制に移行した。

■イオンがJALに助け船

 両社は07年10月から業務提携を結んでおり、JALマイレージバンクとイオンの電子マネー機能を連携させた「JMB WAON」を発行したり、共同の旅行ブランド「ジャル ライフアンドスパイス」(JAL LIFE&SPICE)を立ちあげるなどしている。今回は、イオンがJALに助け船を出した形だ。

 なお、今回の措置でJALにもたらされたコスト削減効果については「先方との守秘義務のため、お答えできません」としているが、年に数千万円単位だとみられる。

 次に危ぶまれるのが、JALのスポンサー撤退や番組の打ち切りだが、

  「イオン様と共同スポンサーになったばかりで、今後のことは予定しておりません」(JAL広報部)
  「『JET STREAM』はTOKYO FM 開局当初から続く優良コンテンツであり、番組の打ち切りは検討しておりません」(TOKYO FM編成部広報担当)

と、そろって否定している。


■関連記事
「歴代制服全部着たい」 石原さとみ、CA姿でDVDをPR : 2009/02/19
永田町に「JAL叩き」怪文書 誰が何の目的で流したのか : 2010/03/31
JAL地方不採算路線に「大ナタ」 小牧から全面撤退、国内線3割縮小へ : 2010/04/28
JALのローマ、モスクワ便が成田到着 ニュースコメント欄に称賛の声 : 2010/04/20
「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」 : 2010/05/05

誤射後に自殺?猟友会の2人死亡 京都・福知山(産経新聞)
iPad版もリリース、岡田敦x守時タツミ ataraxia [photo theater](Business Media 誠)
<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
【ゆがむ郵政「改革」】生田正治・元郵政公社総裁に聞く「政策議論を深めて」(産経新聞)
<患者>約3割「うそついたことがある」(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。